Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2019年9月 3日

浪花節の世界をおもいだす

昨日、駅前のベンチに腰掛けてアイス・クリームをなめていると、うしろのベンチで浪花節を小さな音にして聴いている風情。
そういえば、日本の社会も「浪花節」の義理と人情、忍耐一色の時代があったのだ。いやだった。不自然で。
それが植木等の日本一の無責任男、「スーダラ節」の世界に変わり、今では若者たちの無味無臭、やたらシャカシャカしたJ-Pop。中には素晴らしい音楽もある。

とにかく日本も、僕の小さい頃に比べると、全然違う社会になった。戸惑うが、良かった、良かった。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3896