Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2019年5月11日

日本の社会が分解する予兆

この2年ほどずっと気が付いているのだが、ショッピング・センターとか駅とか公共の場所で、4歳くらいの子供が「何々が欲しい」とか「何々するのは嫌だ」とか、ものすごくダダをこね、泣き叫んでその場から動こうとしないのが増えている。今日は、駅の改札口のまん前に子供がこれ見よがしにつっぷして号泣しているのに出くわした。

こういうのは、昔はそんなにいなかったし、親がすぐ叱っていた。ところが今は、親が何もしない、あるいはできないでいる。親の世代からおかしくなっている? 

どこかがおかしい。社会をつなぎとめている「糊」が乾いていて、皆バラバラなのでは? 自分のことばかり考えて。「自分・プラス・スマホ」で完結した、閉じられた世界を作って、外界のことは何も見ず、聞こえず、話しかけず。

これは近代の合理的な個人主義とは違う。パブリック、社会というものが存在しない、ただムラという社会の「糊」を失ってバラバラになっただけの社会とその子供たち、という構図では?

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3832