Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年7月 8日

政党の企業化 党首・社長は部外から の時代

米国の大統領選で、以前は民主党員だったトランプが共和党を「乗っ取った」かたちになったこと、そしてフランスでマクロンが、既成政党を食い散らして新政党を作り上げたのを見ていると、まるで日産にゴーン社長が来た時、あるいはシャープをホンハイが買収した時など、企業の離合集散を思い出してしまう。

党首はこれでいいのだが、議員は選挙のたびにほとんどの者が議席を失う、ということでは良くないだろう。そんな家族を養うことも覚束ない、リスクの大きな職業につく用意がある人材は、山っ気が大きすぎて良くない。多分、数年という限られた任期の間に最大限「儲けよう」、「有名になってやろう」と考えるだろう。

となると、議員はあまりころころ変わらず、党首だけ、人気のある人材を外部から引っ張ってくる、ということになる。議員は、大企業の本社員のような存在になるということだ。自分の雇用は安定しているが、社長は外部から来るかもしれない。

だが、このやり方もまた、ものごとを硬直化させてしまう気がする。制度いじりは難しい。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3454