Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年1月16日

今の米国とかつてのソ連に、違いはあるのか

自分の利益第一に行動しようとする、これからの米国。
共産主義という錦の御旗を立てて、その実自分の利益第一で振る舞ったかつてのソ連と随分、似てきた。違うのは、自由とか共産主義とか、錦の御旗を立てることもせず、理念を離れ、理想を離れたただひたすらの利権闘争に徹するということ。
16世紀英国の政治学者トマス・ホッブスの言った、「万人の万人に対する闘争」の時代に逆戻り。情けない。でもそれが、米国社会の厳しい実態なのだ。
">

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3343