Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2013年11月 3日

オーケストラはジンギスカンの土産?

ヨーロッパのクラシック音楽というと僕も好きで、愛好家にとっては教養の粋に思える有難きものなのだが、タシケントにいた時、深夜クラシックを大音量で聴いていると、隣家の牛に「モウ、いい加減にしろ」と抗議されたことがある。

牛の思いをたどると、バイオリンとかオーケストラとか言っても、その出自をたどるとどうもペルシャの砂漠のあたり、羊の腸を紐にして、それを馬の尻尾の毛でぎこぎこ擦るーーそのあたりに行ってしまうので、そんな薬をのむように有難がるな、ということなのだろう。

やっと16世紀ころになってヨーロッパに現れたというバイオリン。そのずっと前からオリエントでは胡弓のような楽器があって、今でも使われている。胡弓が手元にない時、彼らはバイオリンを縦にしていとも器用に弾く。

ジンギスカンやオスマン・トルコがいなければ、ベートーベンやマーラーも交響曲を作れなかったのだ。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2654