Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

ジョーク

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年10月11日

与作とテーク・ファイブ

今日、女性天才ピアニストの両御所、矢野顕子と上原ひとみの競演CDを聞いていたら、聞いたことのあるメロディー。じっと考えて、「ああ、これは与作だ。与作をジャズにしてるんだ」と思う。

しばらくして更に考えると、この与作の冒頭のメロディー・ラインは、デーブ・ブルーベックの演奏で有名な「テーク・ファイブ」の冒頭ともまた酷似しているのだ。

超日本的な、里芋のにおいふんぷんたる「与作」が、洗練を極めた白人ジャズのテーク・ファイブと同じとは。

で、この二人の女性はどちらを弾いているのかと思ってジャケットを見たら、どちらでもない。参りました。
(10月14日追加:この曲のタイトルは「真っ赤なサンシャイン」、英語で"Ain't No Sunshine"と書いてあります)

">

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3538