Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2016年9月23日

ワーグナーは紙芝居音楽か

きざったらしいが、この頃ワーグナーが鼻についてきた。つまらないという感じ。
考えてみると、貧弱なメロディー・ラインが直線に進む上に、ごてごてといろいろな効果音をくっつけているだけ、という感じ。基本的にはものすごく単調で、何かが足りない。何が足りないのだろう? Imagination? 本当の意味での豊かな対位法? 
昔、モスクワの僕の家に来られた作曲家の團伊玖磨さんが言った。「河東さん、ワーグナーは所詮紙芝居の映画みたいなもの。でもいいんですよね」

これは一般論。ワーグナーの楽劇の全部がこう、というわけではない。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3264