Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2014年3月22日

大阪交響楽団と指揮者児玉宏

この前雑誌の付録CDで偶然聞いて驚いた。
大阪交響楽団とその首席指揮者児玉宏のトリスタンとイゾルデが何とも素晴らしかったからだ。

ついでに調べたら、大阪交響楽団というのは、朝比奈隆で有名な大阪フィルハーモニー交響楽団とは別物で(橋下市長に助成金を削られたのは後者の方)、1980年一主婦の運動で発足、現在は大阪財界の支援を受けて存在しているのだという。

そして児玉宏という方は既に大指揮者で、桐朋卒、齋藤秀雄、小沢征爾門下、欧州で歌劇場の下積みから研鑽と、ウィキペディアにはある。この経歴を反映して、オケの磨き方、統率ぶり、そして洋楽のツボの抑え方、すべて(欧州の「本場」出身の歌手を除いて)心から満足できる演奏だった。もう61歳だから、日本を代表する指揮者の一人で、賞もずいぶん獲得している。

大阪の宝。大阪フィルは大阪市、大阪交響楽団は大阪財界がスポンサーということで、ご繁栄を祈ります。日本の音楽の水準は、本当に高くなっている。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2752