Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2013年11月10日

ヴェルディの音楽

今年はヴェルディ生誕200年周年。オペラ上演はカネがかかるから、それほど祝われているわけではないが、昨日N響が演奏会形式で「シモン・ボッカネグラ」をやったので聞きに行った。指揮者はネルロ・サンティ。巨体をおぼつかない両足の上にゆらゆらさせながら舞台に出てきたが、音楽は素晴らしかった。しかも3時間暗譜で。

素晴らしいと書いたけれど、ヴェルディのオペラは筋がいかにも不自然なものが多い。恨みとか憧れとか、喜怒哀楽を無理にふり絞る。

そしてあの一種独特のヴェルディの音楽。ドイツのオペラの旋律は和声をベースに作られた構造的なものだが(特にベートーベンなど、分散和音を使っただけの、メロディーとも言えないもので大伽藍を構築する)、ヴェルディのはあたかも演歌でミュージカルを作りました、といった趣。流麗なメロディーがオーケストラのユニゾンでとうとうと流れる中、但し波頭にはピッコロが鳴り、太鼓がバンバン叩かれて、今にもトイレに駆け込まなければといった切迫感で奏される。

でもあの切迫感が病みつきになるのだ。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2663