Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2012年5月 5日

小澤征爾の言ったこと

(これは指揮者、小澤征爾のことを書いたもので、小沢政治のことではないので。パソコンはともすると間違える)

「小澤征爾 指揮者を語る」という本を読んだので、感心した言葉を書いておく。

―音楽の根源は声だとすると、息を吸うことは絶対必要で、管楽器は息を吸わなければいけないけど、バイオリンなどの弦楽器は息を吸わなくても弾ける。
しかし、そこのところで、息をみんなにうまく吸ってもらう指揮者もいて、それがいい指揮者だと言われる。
「インバイト」をするんだね。

―僕は前にも、実験しているって言葉を使いましたけど、本当に大変なことをやっているんですよ、これは。だけど絶対に正しいと思っている、僕が。
東洋人でもモーツァルトを真のところでつかまえられると。ベートーベンも本当に真のところでつかまえられると。ドイツ語のアクセントはつかないけれど、オーストリアのザルツブルクのアクセントはつかないけど、真のところではつかまえられると。


(息のところはよくわかる。素人のクラシック演奏でよくあるのは、「息を吸う」ことをろくにせず、すぐ次のフレーズに飛び込もうとすること。プロはそこで、100分の1秒くらいの間をとる。そしてプロのピアニストなどを横で聞いていて面白いのは、すごい音を立てて「息をしている」こと。時には息の音の方が目立って、この人は発作でも起こしたのではないかと思うほどだ)

">


コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2163