Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

フォト

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2011年8月 4日

日本は今、地方の方がよくなっている 九州直方 

北九州市の近く、元筑豊炭田の中心、直方(のおがた)に行ってきた。そこの町はずれの山あいに「ギャラリーオゥ O-Zero-無」という洒落た展示場がある。そこで他の作家の方々の作品とともに娘、梨香の作品も展示されたからだ。

DSCN0093[1].jpg(ギャラリーオゥの内部)

このギャラリーオゥというのは、演劇家、故太田順造氏のアトリエだったのだそうだ。死後放置されていたのを、生前から太田さんを診ていた医院の夫人が買い取ってギャラリーにした。街はずれに客が来るかと思うのだが、それが上品な人たちが三々五々やってくる。

DSCN0135[1].jpg(山あいの景色)

なんで直方なのかと言うと、地元の方がボストン郊外にあるウォールナット芸術高校に御嬢さんを送っておられたことがあって、そこで僕の娘の梨香と親しくなったからだ。ウォールナットの同窓生を集めると、展覧会でもコンサートでも、芸術なら何でもできてしまう。同窓生が集って、このギャラリーオゥでコンサートもやるのだそうだ。

豊かだ。それも心の持ち方が。このあたりには、日本経済がまだ良かった頃の残り香がある気がする。

DSCN0112[1].jpg(河東梨香作品)

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/1769