Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

フォト

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2011年1月 3日

京都の紅葉――写真集

昨年11月の末、京都にもみじ見物に行ってきた。その時の写真をお見せしたい。
京都と言えば「日本伝統文化」のメッカということになっているが、そうであるだけにユーラシア大陸の諸方との交流のあともまた、随所にのぞかせる。
太秦の広隆寺が朝鮮がらみだったり、不動明王もよく考えればあのいかつい顔は黄色人種系ではなく、いかにもウズベキスタンの偉丈夫を思わせたり、平等院鳳凰堂の朱と青、そして光のエンジニアリングはサマルカンドのモスクを思わせたり、あの寂光院にある仏像が青、黄、白い肌の鮮やかさ(あざとさ)で、どこかヒンズー教の神像を思わせたりなどだ。それに京都全体が、中国・宋の士大夫文化の一大メッカではないか。
いずれも日本風にみごとに同化されて、立派な細工をほどこされているが。

RIMG0423.JPG(宇治で。平等院前の門前道路はほうじ茶の香りがただよう)

RIMG0428.JPG(平等院。どこが平等なのか、全然わからないが)

RIMG0436.JPG(だが現代日本は本当に平等だ。犬まで)

RIMG0439.JPG(平等ゆえの大混雑。嵐山)

RIMG0441.JPG(嵐山)

RIMG0447.JPG(広隆寺)

RIMG0466.JPG(下賀茂神社の夜景)

RIMG0472.JPG(先斗町)

RIMG0485.JPG(三千院)

RIMG0498.JPG

RIMG0499.JPG(三千院)

RIMG0500.JPG

RIMG0503.JPG(三千院)

RIMG0508.JPG(三千院の猫)

RIMG0512.JPG(大原)

RIMG0513.JPG

RIMG0520.JPG(宝泉院)

RIMG0522.JPG(宝泉院)

RIMG0530.JPG

RIMG0535.JPG(大原)

RIMG0540.JPG(大原)

RIMG0566.JPG(大原)

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/1362