Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年7月12日

トランプが世界にかかわりたくないワケ

この頃のトランプ大統領は、中国経済はお取りつぶしの目に合わせるし、OPECなど歯牙にもかけずサウジ・アラビア、ロシアに原油増産を要請、今や世界の油価まで牛耳る構え。こりゃまるで世界国家の誕生だと思って見ていたら、今日、トランプは世界国家など金輪際作りたがらないだろうなと思う光景に出くわした。

ブラッセルでのNATO首脳会議。28カ国もの首脳を脅しつけ、臨時追加会合まで開かせた上で国防費倍増を誓わせ、意気揚々と記者会見の場に臨んだトランプだったが、質問は次第に小国の記者が独占。やれ自分はクロアチアの記者だ、マケドニアだ、ジョージアだ、イラクのクルドだ、アフガニスタンだと、それぞれが自分たちにトランプは何をしてくれるつもりか必死の質問。

オオ、マイガ。世界国家などうっかり作ると、世界中の問題、世界中の人たちの要望をその首脳は背負わされて圧死する。だから、トランプは米国内に閉じこもり、世界のことは放り出すだろう。というワケ。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3698