Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年9月18日

パラダイムの変化4 ――イエローストーン大火山の爆発――

(これは、8月23日「まぐまぐ」社から発行したメルマガ「文明の万華鏡」の一部です。全文にご関心の向きは、http://www.japan-world-trends.com/ja/subscribe.phpで購読の手続きをお願いします)

地球の歴史では、生物が絶滅する時が繰り返されている。いずれも大火山が爆発したり、小惑星が衝突して、地球が温暖化、あるいは逆に寒冷化した時だ。今、我々はトランプとか加計学園とかで騒いでいるが、ある日突然、人類は「強制終了」ということは起こり得る。その一つがイエローストーン大火山の爆発。

イエローストーンは、東京都以上のサイズを持つ国立公園で、その中には箱根の地獄谷を大きくしたようなところ、世界で最も知られた大間欠泉オールド・フェイスフルなど、地下にマグマがあることを推測させるものがいくつもある。イエローストーン湖はカルデラのあとにできた広大な湖なのだが、夏の終わりの日暮れ、冷たい風の吹きすさぶ岸辺に一人佇んだことがある。何か巨大な力が湖に秘められている感じがあって、怖かった。

そのイエローストーンで6月から群発地震が発生している。この世界最大とも言われる火山が爆発すると、米国は火山灰に覆われ、世界は太陽を遮られて気温が10度も低下するのだそうだ。その場合、パリ協定は御破算。みんなで石炭火力発電をどんどん増やして地球を少しでも温めよう。

米国では99年ぶりの皆既日食とか、イエローストーン爆発騒ぎとか、トランプ大統領とか、天変地異、人変地異のオン・パレード。幕末だったらやけになって、「ええやないか」と踊り狂いたくなるところ。


コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3521