Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2016年1月19日

ロシアのすごいオーケストラ

この頃評判のCDがあって聞いてみた。クルレンツィスというギリシャ生まれの43歳の指揮者が、ムジカ・エテルナというロシアのオケを指揮した「春の祭典」(ストラヴィンスキー)SICC-30239。

クルレンツィスはサンクト・ペテルブルク音楽院で勉強したあとは、ロシアでキャリアを築いている。ムジカ・エテルナは彼がシベリアのノボシビルスクで指揮者をしていた時に作ったオケ。指揮の先生のゲルギエフと同じく、資金集め、プロデュースの術に長けているらしい。

このオケは古楽用に作ったが、今では現代ものもやっている。クルレンツィスは、オペラ・バレー劇場指揮者をしているウラルの美しい街、ペルミに今は本拠を置いているらしい。ここはカマ川がたっぷりと水をたたえて流れる、化学・機械工業の中心地。市中の図書館では、例のドクトル・ジバゴが愛人のララに再会したことになっている。作者のパステルナークはここにしばし住んでいたことがあって、その家も残っている。ここのバレー学校は老舗で、日本人の留学生も来ている。

で、演奏は素晴らしいし、彼とムジカ・エテルナの若々しい演奏ぶりはYouTubeで見ることができる。ロシアの若手の名手が集まったオケで、みんな本当に真剣に弾いている。ロシアの青年の良い面が凝集されたような感動的な場面。ロシア――いいところはいいんですよね。
https://www.youtube.com/watch?v=nQ94YB-dYE0

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3118