Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2013年7月13日

多民族国は国家なのか?

アメリカはもうほぼ完全な多民族国家になったのだが、なぜかこれが今でも白人が支配する国だと思っている人たちが多く、ともすればそういうアメリカに対抗心を持って、ことさら争おうとする人たちがいる。

でも現在のアメリカと争うということは、アメリカという「国」と争う、という感じとは少し違う。
アメリカはそれ自体が世界そのもので、いろんな民族が入り混じっている。アメリカ全体と利害が対立することは少なくて、たいていはアメリカ社会の中の特定の層、特定の利益団体と利害が対立しているのである。民族同士の対立を肩ひじ張ってやる、というのとは少し違ってきている。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2566