Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2007年10月 2日

ロシア人への問いーーーあなた達の価値観は?

Eurasianhome.orgというサイトに、イギリスのJules Evansというフリーの記者がこんな記事を載せていた。ロシアの部分は僕の気持ちと完全に一致するので一部を抜粋して翻訳しておく。

    「私は、まあまあ常識があり教育水準もそれなりにある米国のマジョリティーを信用している。なぜなら、彼らは私が信じている市民的な諸権利、つまり真理の追究とかモラルとか、批判・ディベートに対してオープンであることとか、文化、宗教上の自由さ、政府にアカウンタビリティーを厳しく求めること、そして環境を重視すること、これらを擁護する人たちだからだ。

    現在の米政権は、これら価値観をそれほど体現していない。それどころか、米政権は拷問を許容し、深刻な環境破壊を無視している。しかし、それはこれらの価値観が破棄されたことを意味していない。むしろブッシュ政権がこれら価値観を自らは遵守することなしに他者にばかり押し付けようとしたことで、政権が信用を失っているだけなのだ(同感)。合理的でオープンな社会であるアメリカは、今やこれらの問題で自分を修正し始めようとしているのだ (I hope so)。

    今、新しい超大国がいくつか生起してきたが、それとともにどのような価値観が勃興してくるのか、自分は心配だ。ロシアの人たちは、どのような価値観を持っているのだろう? 私は、彼らを責めているのではない。知りたいのだ。教えてくれ。あなた達は、何を信じているのですか? 世界をどのようにしたいのですか? 自分の国が強くあって欲しいということだけでなく。」

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/260