Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年7月 7日

シェア・エコノミーの台頭 ――GDPに代わる指標の必要性、ますます大きく――

これから先進国のGDPには、多くの下押し要因が現れる。無人運転自動車が実用化されれば、車は所有するよりシェアする時代になって、必要台数は減るだろう。

またその他、値の張る電気製品や児童製品にしても、何にしても、口紅にしてさえも、現代の若者はメルカリか何かで中古品を安く交換しては、実質的に豊かな生活を享受している。そして、これらの交換売買は、GDP統計には十分反映されないかもしれない。

こうなると、表向きのGDPは小さくとも、生活水準は高い国がこれからどんどんできてくることになる。これらの国の実質的な富をはかり、比べる指標があった方がいいのでは?
これは、ブータンの幸福度指数のようなセンチメンタルなものではない。もっと我々の現実に基づいた課題である。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3696