Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年11月 8日

先進国の普通の人々の所得が上がらないのは

なんでこれだけ先進国の「普通の人々」の所得が上がらないかというと―――1990年代後半以来、直接投資や中国の貿易黒字の形で、年間20兆円以上もの富が中国に流れ込んでいるから。中国だけではない。要するに途上国の人々の生活水準向上のために、先進国の普通の人々は我慢を強いられてきたのだ。

そして先進国の経済は、紙幣を印刷することで心臓マッサージを受けてきたようなものなのだが、それは主として金融業界や社長たち上流社会の連中の所得として消えている。

この二つが、先進国の「普通の人々」の所得が上がらない基本的な背景。中国も、そろそろいいだろう。先進国から得た富を膨らまし、先進国の企業を買い占めようとしたり、傍若無人な態度を取るようになっては、そろそろ自力でやってもらいたい。
これは別にトランプのお先棒をかついでいるのではない。こういうことは、彼の登場する以前から、このブログに英語で書いている。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3765