Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2014年4月28日

国としてのビジネスモデル更新ができる国、できない国

まだ仮説。
世界で初めて産業革命を始めた英国が衰えたのは、植民地に大量生産品を売りつける、あるいは植民地の富を吸い上げるという安易なモデルから脱却できなかったからだろう。

一般に一つの国はうまい汁を吸ったモデルから、なかなか脱却できず、ビジネス・モデルが時代遅れになると、自分も時代遅れになるものではないか。今の日本がそうだ。

その点、日本や中国にやられたと思われた米国の経済が、20年前は金融、そして今は製造業の新しい波というふうに、国としてのビジネス・モデルを大きく変えて押し寄せてくるのは、本当に史上まれなことなのだろう。あの国は世界のあらゆる民族が、わりと自由な法制の中で活動しているから、枠を破りやすいのだろう。ダイナミックなことだ。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/2773