Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界文明

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年11月18日

AIは総合大学を滅ぼし、10年後に蘇らせる

大銀行が新卒の採用を100人単位で減らしている。他の大企業でも総合職はどんどん減る。みんなインターネットやAIに職を奪われるのだ。需要があるのは、コンピューター・エンジニアだけ?

となると、日本の大学の人文科学・社会科学系講座の多くは学生がいなくなる。学生がいなくなれば、先生もいなくなる。

そこで英文学とか国文学とか誰も先生がいなくなる頃、今度は需要が急騰するだろう。と言うのは、ロボットやAIが何でも作ってくれるので、人間は文学や文化やスポーツくらいしかやることがなくなるから。つまり人文科学・社会科学は一時、AIに押しこめられるだろうが、厳しい冬の時代を生き延びれば、美しい春が待っている――ということ。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3772