Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

ジョーク

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年6月30日

割れた野党、ついに国民と対立

この頃新聞を見ていると(そんな人、最近あまりいないようだが)、「立民が国民と対立」などという見出しが出ていて、「立民というのは、なんて悪い奴なんだろう」と一瞬思う。
ところが、この「国民」というの、国民民主党のことなんですね。もっと紛らわしくない略称はないものかと思う。でも難しいようで。「国民民」? 「国主」? 「大国主」? いっそのこと、民(国)とか民(立)とか。
そうしないといつか、自由民主党は「国民」と対立することになる。いや、もうしてる?

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3689