Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2009年6月14日

20年後「北東アジア共同体」をめざしては?

この頃夢想していることは、20年後には「北東アジア共同体」を立ち上げることを目標に、議論と準備を進め、北東アジアに前向きの機運を作ることはできないかということ。

そのような前向きの旗が前方に立っていれば、日中韓は相争うより協力することを主眼につきあうようになるだろう。日中の間で綱引きが起きるのを防ぐには、朝鮮半島のどこかをEUにとってのブラッセルのような共同体本部と定めることが効くかもしれない。

北朝鮮問題も片付いていない現状で、何を夢物語をと言われるだろうが、夢も実際の生活で効果を発揮するなら国際関係の一部。この夢、使い方難しいですが、誰かうまく使う人はいないものか。

なお、アジア、北東アジアの安全保障、経済では米国が柱になっているので、これとの関係はきちんと考えておかなければならない。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/762