Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年8月 9日

ヘップバーンは有料 モンローは無料

駅で、オードリー・ヘップバーンの顔を大写しにしたポスターが何枚も。ふと思う。もう亡くなった彼女の場合でも、ポスターに使う場合、誰かに料金を払うんだろうな、でないとそこらじゅう、有名物故俳優の顔を使ったポスターだらけになってしまうから、と。

でググってみたら、もうその点はお答えが示されていたhttps://www.huffingtonpost.jp/six-apart-blog/copyrights-portrait-rights-website_b_7338886.html。米国の場合、出身州によっては肖像権が死後も残るところがあって、ヘップバーンはNG、マリリン・モンローは無料なのだそうだ。

でも、彼らの写真は芸術作品として写真家が著作権を持っているだろう。すると写真家の死後50年までは料金が発生するということ。いずれにしても羨ましい。肖像権とか著作権がカネになる人は。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3721