Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年8月 9日

げにすさまじきもの その10 なんでも 何々させてもらう 日本人

この頃と言うか、もう数年耳障りに思っていることがある。それは、謙遜のあまりなんでも「何々させていただきました」という日本語がスタンダードになってしまったこと。

日本はムラ社会で、人間は一人だけ目立ってはいけない。そのためだろうか、なぜか新しい言葉づかいが執拗に出てくる。「私、きのう井の頭公園に行ってきたの」でも、井の頭公園の語尾を上げて、自分の言い方が正しいかどうか、相手の同意を得ようとする風情を見せる。いちいちうなずかなければならず、煩わしい。

それが今日この頃では「私、きのう井の頭公園を見物させていただきました」となった。スポーツ選手もオリンピックで、「今日は金メダルを取らさせていただきました」と言う。

これは、東日本地震で社会のきずなが重視された頃からの現象だろうか? きずなが重要なのはその通りだが、これほど自分、自分の意志の存在を隠す文化は異常だ。息がつまる。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3720