Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年8月 6日

誰も米国を本気で倒そうとしない時代

今の米国は本当にふらふらしているように見えるし、大統領はこれから2週間もゴルフ三昧だ。ロシアや中国など、米国が嫌いで嫌いでしょうがない国々がちょっと突けば、米国支配はがらがらと崩壊してしまうかもしれない。

でも、どこも本気で米国を土俵の外に押し倒そうとしないのは、そんなことをしたら、世界は裸の力と裸の力のぶつかり合いで、ホッブスの言う「万人の万人に対する闘争」状態になってしまうからだろう。各国とも全力をふるって自分の生存を確保しようとする、ジャングル戦への突入だ。みんな、こうなるのがいやなんだろう。

それにプーチンも習近平も、足元はけっこうふらふらしている。プーチンは来年3月の大統領選でいったい何でプーチン再選でなければならないのかを国民に納得させなければならないし、習近平は秋の党大会めがけて中央・地方の人事を押さえ、軍を従えるのにおおわらわ。

それにドルが信認を失ったら、いったい何を使って貿易したらいいというのだ? ビット・コイン? 絶対足りない。だから、消去法でトランプ米国。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3476