Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2017年2月24日

葬礼寸描

この前、ある寺院での葬礼に行った。畳の上に青い毛氈が敷いてあって、その上に折りたたみ椅子が並ぶ。しばらく待っていると「導師」様の入場。参列者たちがはいているのと同じ、茶色の病院用のようなスリッパを履いてしずしずと入ってくる。
白足袋くらい履いて来ればいいのに。でも、一わたり読経した後、会衆に呼びかけた時の話しぶりには誠意と滋味があふれて、良かった。寺院はこの頃どこも経営難らしいが、こういう法話をしていれば、いやしとか言って、人気も出てくることだろう。

導師は、さすがプロ。たった一人なのに、読経の声はいんいんとホールに響き渡り、時々叩く鉦の音も冴えわたる。そしてしばらくして気が付いた。ぽくぽくたたく木魚はお経の単語の語頭に合わせていない。わざとのように、そしてジャズででもあるかのように、半拍後れて叩いている。だから緊張感があって眠らない。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3366