Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2016年11月23日

また外れ始めた天気予報

今ものすごく不安定な天気で、週間天気予報がかなり当たらなくなっている。
30年程前は、天気予報と言うと当たらないものの代名詞で、明日の予報も当たらなくて当然だったのだが、当時予報官達が言っていた「良いコンピューターさえあれば、もっと正確な予報ができる」という言葉が現実のものとなり、スパコンで予報ができるようになると、日本の天気予報はかなり信用できるようになっていたのだ。少なくとも、朝、その日の予報を聞いて、それを真に受けて傘を持っていくかどうか決める。

それがこの頃、どうも外れる。本当にそうなのかどうかわからないが、予報官達の本音を聞きたい。いくらコンピューターが良くても、インプットするパラメーターが予想を超える動きを示したら、どうしようもない、ということなのかどうか。それは例えば、気候変動が激しくて、上空の風の方向変化、強さの変化がこれまでの数字の範囲を超えてきたのでないか?

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3305