Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

言いたい放題

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2016年7月19日

俗である幸せ そして優れた芸術家であることの不幸

6月初め、この欄で「夜泣きそば詩人」青木辰男氏のことを書いた。
もともと裕福な家に生まれたのが零落したので、その鋭敏な神経に研ぎ澄まされた言の葉からは、血が迸る。

「春夜屋台車が軋むキリストを轢きマルクスを轢き」とか、「夕暮れの回廊のやわらかな下闇を 頭のない犬が通りすぎ やがて静寂のふかい夜がくる」とか、「眼のなかへ隕石がふりそそぐ」などなど――

しかし・・・陽光がさんさんと降り注ぐ、ひばりヶ丘駅前のベンチに座り、サーティワンのアイスクリームを貪りつつ思う。
――自分は、これでしごく満足だ。たった350円の満足。詩人も、もしこんな境遇にいたら、あんな悲しい詩を書いただろうか。芸術と俗。芸術の根は欠乏にある。そんなことなら、自分は俗の世界で構わない。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3218