Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

街角での雑想

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2010年3月29日

実はわれわれ随分豊かになった?

日本経済と言えば、今年は中国にGDPで抜かれるというので、マスコミは悲観一色だが、どうもそれは僕の実感と合わない。
まず、リーマン・ブラザーズ不況で一時40%も急落した輸出が回復してきたことが、どことなく街の表情に感じられる。居酒屋などどこにいってもけっこう賑わっているではないか?

そして今日この頃の牛肉、豚肉価格の下がり方といったらハンパじゃない。大げさでなく、本当に昔の半額になっている。肉に関するかぎりでは、われわれの実質所得は2倍になったのだ。これはデフレと呼ぶべきものではない。円が上昇したせいだけでもなかろう(安い肉には豪州、米国から輸入されているものが多い)。何かが基本的に変わってきたのだ。肉の流通が簡素化したのか?

さらに言うなら、経済学をかなり書き換えてもらわなければと思うような変化が、インターネットのおかげで起きている。最近発売されたクリス・アンダーソン「フリー」(NHK出版)という本を読んでいて思ったのだが、アマゾンとかジョルダンとかマピオンとかウィキペディアとか(このブログとか?)、われわれが日常無料で使っている便宜を金銭ベースで測ったら、けっこうなものになるではないかということだ(「フリー」は、低めに見積もっても世界で年間百兆円分に相当すると述べている)。

つまり経済が先進化するにつれ、無料で提供される高付加価値のサービスが急増する。これをGDP統計に反映させると、先進国のGDPは実はもっとハイテンポで伸びるのではないか? 

「フリー」が示唆しているように、ネットでは付加価値の生産費がゼロに近づき、無限の価値生産力が生み出されつつある。これはかつての産業革命に等しい現象ではないか? GDPを再定義し、統計の取り方を改革しないといけないのでは?


コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/976