Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

街角での雑想

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2010年3月12日

核密約廃棄のあとの民主党は、どうやって皆の安全を保証してくれるつもりなのか?

外務省の有識者委員会が9日、核密約についての報告書を提出したが、2週間前にも書いたように、密約があったとしてではこれからどうするのか、日本の周囲にまだゴマンとある、そしてこれからも増えてくる、米軍以外の核兵器に対して日本はどうやって「抑止力」を維持するのか、ということについての議論が国会、マスコミで見られないようなのはどうしたことだろう。

密約があった、それを隠していたことについて官僚に責任を負わせてそれで終わりなら、民主党は国の安全保障を考えていないと言われることになる。夏の参院選でわれわれは、我々の生活を守ろうともしない政党に投票しなければならないのか? 経済政策も人気取りに終始、子供を産めと言っていながら保育園さえちゃんと準備しておけない政党達に?

せめて「参院選が終わって新しい政権を作ったら、有事には核持ち込みを認める、または核ミサイル搭載の米原潜に常に東アジア水域を航海しておいてもらう方向で、日米協議を行う」くらいのことを表明してもらいたい。

核は撤廃の方向にある。だがそれはまだ端緒についたばかりで、核兵器は多分なくならない。日本も抑止力を持っていないと、いくら正論を吐いても、脅かされれば社会が分裂して屈することになりやすい。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/969