Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

街角での雑想

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2016年9月25日

北方領土問題のせいでロシアとの経済関係が進まない というのはウソ

きのうの読売新聞で、政府が歯舞・色丹の2島だけロシアに返してもらえば手を打とうとしている、との観測記事が出て(こういうのを「カマかけ記事」と言う。政府にカマをかけて、情報を引き出そうとする手)、官房長官がそれを早速否定している。

こういう記事が出る一つの土壌として、「北方領土問題のせいで経済関係が進まないのだ。あんなものは適当に切り上げてビジネスを進めればいい。」と言う人たちがロシアにも、日本にもいることがある。総理周辺にも、経済産業省にも、この手の人はいるに違いなく、中には領土問題は中途半端でもいいから終止符を打ち、それを総理の得点として総選挙を打つ材料にすればいい、と思っている人さえいるようだ。

でもこの、「北方領土のせいで経済関係が進まない」というパーセプションは、現実に根差していない。ソ連時代は「政経不可分」ということで、北方領土問題の話し合いが進展しなければ経済関係も進めないとの態度を取っていたが、1997年エリツィンとの間で本格的話し合いを始めた橋本龍太郎総理は、この「政経不可分」という旗を明示的に下ろしたのである。だから、日本タバコはロシア一の紙巻煙草販売量を誇るし、トヨタや日産等も工場を開いているのだ。

なのに何で北方領土問題が日ロ・ビジネスが振るわないことの犯人にされるかと言うと、それは儲からない面倒な案件をロシアに示された時、断る口実として日本企業が使っている面があるからだ。ロシアでのビジネスは容易でない。スウェーデンの家具大手のIKEAも、土地を入手し、建築許可を取得し、電気メーターをつけてもらうために大変な苦労をしている。「ロシアや中央アジアにはインフラ建設需要がごろごろしていて、ビジネス・チャンスの山だ」という人がいたら、自分でやってもらおう。チャンスとリスクは隣り合わせ。相手にはそもそも支払能力がないことも多いのだ。

もう一つ、問題があるとしたら、それは右翼の諸組織がロシアと取引をする企業に目をつけることがあるので、企業幹部が最重要ではないロシア・ビジネスをことさら忌避することもあるのだろう。

ロシアとの経済関係がそれほど進まない(石油・天然ガス消費量の10%弱は既にロシアから輸入しているのだが)のは、北方領土問題のせいではない。進まないから進まない、つまり収益性の高い案件が少ないからだ。儲かる案件が多いなら、中国のように政治問題があっても、日本の企業はおかまいなしに出かけることだろう。

経済関係は進める。しかし日本が損してまで進める必要はない。そして北方領土はいつまでも返還を主張して行く。あせって、中途半端な「解決」を今求める理由はない。そんなことはせずとも、ロシアは日本に石油・ガスを輸出する。そんなことはせずとも、ロシアは日本企業の投資を切望している。そしてそんなことはせずとも、ロシアは極東でそれなりのバランス要因となってくれる。よし北方領土問題で手を打ったとしても、ロシアは中国を蹴って日本と準同盟関係を結んでくれるわけではない。
">

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3265