Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

街角での雑想

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2008年2月11日

アメリカ大統領選に声をあげよう(毎月「投票」できます)

アメリカの大統領予備選がたけなわです。
テレビを見ていてふと空しくなるのは、アメリカにたまたま住んでいて投票権を持っている人だけがこの世界最強の大国の進路を決めることができ、国外の我々はアメリカから大きな影響を受けるにもかかわらず、何の意見表明の機会も与えられていないことです。

もちろん米国への税金も払っていない我々が発言権とか言うのもおかしく見えるかもしれませんが、米国に対する日本の資金的貢献の規模はかなりのものがあります。

それに世の中はもう国民国家の枠にこだわっている時でもありません。世界帝国の胚芽と言ってもいいアメリカの新大統領については、世界中の人間の声も反映させる仕組みを考えていくべきだと思います。

それは双方向、多方向であるべきであり、アメリカ国民が日本の首相のパフォーマンスについて意見を表明しても構わないと思います。

では、右端の1クリック世論調査で、アメリカの大統領候補(またはなり得ると思われる人物)に対する御意見を投票ください。
予備選からは次々に候補者が脱落していきますので、リストは毎月変えていくつもりです。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/324