Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

街角での雑想

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2008年1月 1日

クール・ビズは冬も続けよう!

新年おめでとうございます。日経の元旦版は「沈む国と通貨の物語」などという気分を滅入らせる見出しになっていますが、束の間の景気回復幻想から、今度はまた滅亡幻想に戻るのだけは止めて欲しいものです。日本経済の体質はそれほど悪くなっていないし(ただ企業にも蔓延している官僚体質、依存体質を何とかしないと、もうダメでしょう)、打つ手はあるはずなので。

去年から書きたかったのですが、この頃やたら暑くて閉口しています。つまり通勤電車やらデパートやらスーパーやら、人々がオーバーを着たままで入るのが普通なところで、どうしてあんなに暖房を炊いているのか、全く理解に苦しみます。通勤電車では、夏はクーラーのおかげで何とかすごせるのに、冬には大汗をかく始末です。そりゃオーバーを着ていない従業員の方々は暖かい方がいいのでしょうが、セーターを着ればいい話です。

オフィスでも、同じこと。夏でもクーラーの温度を28度以下にしてはいけないような厳しいきまりにするのなら、冬は暖房の温度を20度以上にしてはいけないように、なぜしないのでしょう? 

冬もクール・ビズでいきましょう。滅亡幻想に浸る代わりに、できるところから変えて行こうじゃないですか。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/311