Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2007年10月 2日

中国江蘇省にロシア製原発が完成

つい最近、江蘇省(つまり南京のあたり)にロシア製の原発工事の第一期が完成し、発電が始まった。日本のマスコミではなぜかあまり取り上げられていないので、書いておく。
日本政府でも、原発技術は日本が世界でも独占的地位を築いたと思っている人が多いが、ロシア製の原発が目と鼻の先の江蘇省に作られたことの意味をもう少し考える必要がある。

ロシアのリア・ノーボスチ通信社によれば、これは田湾原発と言って、99年秋からロシアが工事を開始し、ソ連崩壊後初のロシア製原発を完成させたのだ。事故があってメルトダウンを始めても、地中に沈まないよう特殊な設計をしてあるというから、中国の裏側にあるチリなどは安心していられるという代物である。

今回は2基の工事が完成した。1基当たり出力は中国最大で、年間140億キロワット時の発電能力を有する(2基でか1基でかがよくわからない)。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/263