Japan and World Trends [日本語] 日本では自分だけの殻にこもっているのが、一番心地いい。これが個人主義だと、我々は思っています。でも、日本には皆で議論するべきことがまだ沢山あります。そして日本、アジアの将来を、世界中の人々と話し合っていかなければなりません。このブログは、日本語、英語、中国語、ロシア語でディベートができる、世界で唯一のサイトです。世界中のオピニオン・メーカー達との議論をお楽しみください。
ChineseEnglishRussian

世界はこう変わる

Automatic Translation to English
Automatic Translation to English
2018年6月12日

製造業は最重要 でなくなるのか

(これは、5月23日に「まぐまぐ」社から発売したメール・マガジン「文明の万華鏡」第73号の一部です。このメルマガを毎月早く入手されたい方は、http://www.japan-world-trends.com/ja/subscribe.phpにて、講読の手続きをお取りください))

ロボットやAIの普及で、人間が失業する可能性、あるいは失業しても政府からカネをもらい、一種の消費機械として経済をまわしていく可能性は既に大いに議論されている。しかしロボットやAIで何でも安く、いくつも作れるということになると、「製造業は富の源。製造業の強さが国の力を規定する」という、19世紀の産業革命以来の通念が意味を失うのではないか? つまり生産機械さえ持っていれば、そこに製品の製造情報をインターネットで得て、何でも作れるようになる。最新の製造業がどの国でも簡単に成立するのだ。

そうなるとチープ・レーバーを求めて製品を組み立てる地をあさったり、その製造地と消費地の間で貿易赤字の問題が起きたりすることもなくなるだろう。地産地消が徹底、つまりモノの面では自給自足が高まる。その時世界を行き来するのは、モノの間に差をつけるブランドや意匠の情報で(つまりA国企業のブランド品の製造情報をB国の機械に送って生産するのである)、これは貿易外収支の不均衡をもたらすが、モノの貿易に比べて金額ははるかに小さなことになるだろう。世界貿易額は縮小し、海運も縮小する。

本当にそうなるのか? 天然資源は「地産地消」というわけにはいかない、という問題が残っている。

コメントを投稿





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.japan-world-trends.com/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/3682